リハウスふるーる株式会社│島根県│出雲市│建築業│ローコスト住宅│戸建賃貸住宅│リフォーム

 

ブログ

 

ブログ

ブログ
フォーム
 
NO9 2ヶ月たちました。
2012-06-23
会社を起こして、2ヶ月がたちました。なんだかあっと言う間の間でした。その間リフォーム等の仕事も何とかできました。そして、設計事務所、建設業の許可も下りました。また、知名度を上げるために、街LabやまいぷれそしてこのHPも開設しました。口コミで、いろいろ問い合わせも少しずつですが着ています。地元の不動産会社さんとも提携して活動を行っています。目指すものは、若い方に安くてよい建物を提供してあげて行きたいと思います。行っている「洋館家」のシステムは本当に安くて質の良い建物です。施工代理店も全国で70社近くになっています。規格化されたプラン、大量仕入れによる低価格の提供、、それで安くできることができます。普通の建物ですと坪単価50万円はしていると思いますが、この建物は坪30万円でできます。諸費用は除きますが、それでも安いと思います。家を建てることが難しい時代ですが、一度検討していただければ良さが分かると思います。消費税も上がります。多少の税制控除はあるにしても8、10%は大きい負担と思います。参考になればいいです。
 
NO8 フランク・ロイド・ライト  落水荘
2012-06-22
建築家の中でも有名なフランク・ロイド・ライトの作品である有名な「落水荘」は個人の住宅です。この作品は、プラスとマイナスの力の微妙な釣り合いで構成され、かつ水平に、垂直にまた斜め方向に推力が空間に変容している作品です。静けさが、隠された緊張感、力と反力を持って、内にも外にも調度や設備までも含めた全体にみなぎっている物です。何十年も前の作品ですが、感動する作品です。
 
N07 フェイスブック
2012-06-21
皆さんはフェイスブックをされていますか。私は2ヶ月前からやり始めました。たくさんの友達ができました。また、自分からいろいろな情報を発信することができて凄く楽しいです。友達検索をすると結構知った人がいます。また、仕事でお世話になった人や同じ学校の人とも友達になりました。日本人はなかなか自分をアピールすることがうまくないと思いますが、フェイスブックだと結構アピールできます。また、リアルタイムに返答できて面白いと思います。はじめは誹謗中傷が気になっていましたが、まったくそのような事はありません。実名で行うのですが、少しもそのような心配はありません。有名人もしていて友達になったりしています。まだ、されていない方投稿してみたらいかがですか。
 
NO6 古材を使った家
2012-06-20
古材とは、築50年以上の民家から取り出された木材です。
なぜ50年なのか、それには理由があります。
戦前の日本では、その地で採れた良質の木材が建築に使われてきました。
しかし戦後の建設ブームで、安い強制乾燥材や外国の安価な木材が多く使われるようになってしまいました。
長い時間を掛けて自然乾燥した国産の木材はほとんど使われなくなってしまったのです。
木材は乾燥することにより強度が増します。
古材は長い時間をかけて自然乾燥していき強度が増した「天然乾燥材」です。
樹齢100年の檜(ヒノキ)の場合は、伐採されてから100年後が最も引っ張り強度・圧縮強度が増しており、その後はゆるやかに強度が減少し、300年を経過すると伐採時と同程度の強度に戻るという研究結果もあります
現在広く使用されている「強制乾燥材」は、130℃近くの高温で強制的に乾燥させた木材です。
短時間で強度を上げられ、反りや割れなどがなくなり加工しやすい木材となりますが、樹脂まで染み出してしまいパサパサになります。
結果、木の弾力性や艶はなくなり、木材の行う呼吸(調湿効果)は減ってしまいます。
耐震性も減ってしまい時が経つにつれ劣化します。
実は自然乾燥された「古材」は、「新材」より丈夫で長持ちであるとも言えるのです。
もし、自宅をリフォームされるときに、古材を使った空間を使われてみたらいかがですか。
 
NO5 ソーラーパネル
2012-06-19

京セラはシャープと並んで古くからソーラーパネルの開発・販売に力を入れてきたメーカーで大手ハウスメーカーと地道なタイアップを続けてきたソーラーカンパニーです。住宅メーカーにソーラーパネルの提案を進めてきた京セラは、住宅の外観を損なわないソーラーパネルを早くから開発してきました。また、10年保証を各社に先だって導入したのも京セラです。その意味では業界のなかで、パイオニア的な役割をずっと果たしてきたメーカーでもあります。

京セラのソーラーパネルは多結晶シリコンの太陽電池を採用しており、コストパフォーマンス性を求めるユーザーはぜひ見積をとってみることをおすすめします。

京セラはどこよりも早く、定期点検を制度化して取り組んできた経緯があり、設置してからのアフター面でも安心出来るメーカーです。点検時期は初年度、そして4年目、8年目に実施していて、初年度だけは無料ですが、4年目と8年目が有料で、それぞれ点検費用として2万円かかることになります。たとえ有料点検となっても、導入してから4年目と8年目に、メーカーのプロの点検員によってきちんとした点検保守が実施されるというのはシステムのオーナーとしては安心です。

ソーラーパネルの点検も車検と同じで、故障や不具合につながる原因は早期に発見できるほど、最終的なメンテナンスコストはあまりかからないで済むのです。太陽光発電の場合、容量が20kw以下のシステムは定期点検が義務付けになっていないのですが、今後利用者が増えることを考えると、定期点検などは義務化していくべきことではないでしょうか。設置してからのアフターサービスを重視したい方に、京セラのソーラーパネルはおすすめです。

リハウスふるーる
株式会社
〒693-0004
島根県出雲市渡橋町327-2
TEL.0853-81-2074
FAX.0853-81-2075
────────────
・ローコスト住宅
・戸建賃貸住宅
・リフォーム
────────────
<<リハウスふるーる株式会社>> 〒693-0004 島根県出雲市渡橋町327-2 TEL:0853-81-2074 FAX:0853-81-2075